脚やせ生活習慣

足が太いのは遺伝?生まれつき足が太い人必見!なぜ足だけ痩せないのか?

足が太いのは遺伝?

生まれつき足が太い!

子供の頃から足が太い!

こんなお悩みを抱えているあなたに、足が太いのは遺伝なのか?

また、足だけがなぜ痩せないのか?についてお話したいと思います。

脚やせ専門パーソナルトレーナー yushi プロフィール

 

自らも、長い間太い脚に悩み続けていたが、試行錯誤を繰り返し太もも周りマイナス10cmを達成する。

その後自分と同じ悩みを抱えた方々に『脚が細くなる喜び』を伝えたいと一念発起し、パーソナルトレーナーの資格を取得する。

そして、現在脚やせ専門パーソナルジム『On Leg Line』を立ち上げ、多数のクライアント様の脚やせを指導中。

 

足が太いのは遺伝?

足が太いのは遺伝だから諦めるしかないの?

ネットで検索しても似たような情報ばかりで、効果があるのか分からない!

以前の僕もそうでしたが、答えが出ず諦めたまま、何年も悶々としていました。

ネットで検索すると、

下半身やせには、有酸素運動がいいとかスクワットがいいとか着圧レギンスがいい!』等

色々書いてあるのですが、どの記事も似たような内容ばかりで、

「本当にそれで細くなるの?」という疑問を常に持っていました。

ただ時々『おおっ』と思える様な記事に出会い、内容を実践→修正を繰り返し今はもう下半身太りで悩む事は無くなりました。

ちょっと前置きが長くなってしまったので、本題に戻りますが、

まず、人にはそれぞれ遺伝的な体型があるので、そちらからお話します。

人にはそれぞれ遺伝的な体型がある

人にはそれぞれ遺伝的な体型があります

例えば、サッカー選手を例に取ってみると、
(ちょっと昔の話になりますが)
元アルゼンチン代表のマラドーナ選手は下半身がかなりどっしりしているのに対し、ラモス瑠偉選手は下半身がほっそりして足のラインがとてもきれいですよね。

マラドーナ選手画像
ラモス選手画像

足が太くなりがちなサッカー選手でも、遺伝によって体型が全く違います。

兄弟でも、自分は父親似で足が太いけど、弟は母親似で足が細かったりとか、身の回りでもそういった人見かけませんか?

僕自身も、中学、高校とスポーツに打ち込んでいたわけでは無いのに、足は昔から太かったです。

上半身は普通なのに、膝下がO脚気味でふくらはぎ、太もも前面、おしりがやけに太い、いわゆる下半身太りでしたし…

今思えば、体型が父親に似たのかなと?

日本大学松戸歯学部歯学科 葛西一貴教授の説を紹介します。
まず、いちばん影響を受けやすいのは骨格。 背の高さや手足の長さは、遺伝の影響を多く受けると言われています。
スラッとしたモデル体型に憧れるけれど、胴長短足の日本人の赤ちゃんは、やっぱり胴長短足なのです。 超音波で見ると、欧米人など足の長い人の赤ちゃんは、胎児の頃から足が長いことが判ります。 …羨ましいですね。
顔は、彫りの深さなど骨の形がそのまま現れる部分で、やはり遺伝の影響を多く受けます。 「テルマエロマエ」ではありませんが、「平たい顔族」は、悲しいかな、平たい顔を持って生まれる運命だったのです…。

引用;橋本産婦人科医院様

なので、人それぞれ遺伝的な体型はあります。

だからといって「じゃあ、自分の足は痩せないんだ!」と諦める必要は全く無いです!!!

では「具体的にどうすれば足を細く出来るの?」って思いますよね?

しかし解決策をお話しする前に、「足が太くなる原因」を知っておいてもらいたいので、まずはそちらからお話します。

足が太くなる原因

足が太くなる原因には3つあります!

① むくみ
② 脂肪(皮下脂肪、筋間脂肪、脂肪交雑)
③ 余計な筋肉

 

順番に説明していきますが

① むくみ

人間は重力の影響でどうしても脚に血液やリンパ液が溜まりやすいという、人体構造上の問題があるので、女性に限らず男性でも脚はむくみます。

長時間ずっと脚を動かさずにじっとしていると、重力によって脚に溜まった体液(血液、リンパ液等)が心臓に戻りにくくなる上に、血液を心臓に戻す筋ポンプ作用が働きません。

僕もそうでしたが、日常的にむくんでる人ってそれに慣れていて、『自分がむくんでる』という感覚が薄いというか、それが普通と思ってるんですけど、足が細い人は間違いなく下半身太りの人に比べて、むくみがないです。

下の画像の男女を見ても、下半身が「キュッ」と引き締まっていて、「タポタポ」してませんよね!

② 脂肪

言わずと知れた、最大の敵という感じですが、脂肪も大きく分けて3種類あります。

皮下脂肪
世の中で『脂肪、脂肪』と言われている、手でつまめるアレです。
体の表面で筋肉の上に付いていて、溜まりすぎると「ボコボコ」とした固い塊になります。
いわゆる「セルライト」ですね!

筋間脂肪

これを燃焼させる事が、足を痩せるために最も重要なことなのですが、
呼んで字の通りで『筋肉の間の脂肪』です。

「ちょと?????」かもしれないので、説明しますね。

脚の構造って、中心に骨があって、その周りに筋肉があって、その上に皮下脂肪があるんですけど、その筋肉の間にも脂肪があるんです。

上の画像は右脚の太ももで、下が前側で上が後ろ側です。

太ももの外側を皮下脂肪が覆っていて、皮下脂肪の下にいくつもの筋肉があります。

そして筋肉と筋肉の間には隙間があるのですが、この隙間に入り込んだ脂肪が筋間脂肪です。

脂肪交雑
高級国産牛で『サシが入ってると、脂がのって美味しい』って言われるアレです。

先程お話したように、筋肉って束になっているんですが、その束は一本一本の細い筋繊維が集まって出来ているんです。
その筋繊維の間に入っているのが、脂肪交雑です。

筋肉太りの錯覚

え、筋肉の中にも脂肪って入り込んでるんだ!』って思いませんでしたか?
でもそうなんです!!!

ちなみに皮下脂肪は手でつまめるし、見えるから分かりやすいのですが、
筋間脂肪と脂肪交雑はつまめないし、見えません!!

そして、この筋間脂肪と脂肪交雑とむくみにより「太ももやふくらはぎの筋肉がやけに太いという錯覚」を招いてしまうんです。

③余計な筋肉

太ももの外側の筋肉が発達している人にほぼ当てはまるのですが、
下半身太りの人にありがちな立ち方をしていて、過度に太ももの外側の筋肉に頼ってしまうのです。

本来であれば腹筋、背筋、お尻の筋肉、内ももの筋肉をバランス良く使うのですが、
そこの筋肉を使わず(そっちの方が楽なので)太ももの外側の筋肉ばかりを使って立っているのです。

僕もそうでしたが、日常的に太ももの外側の筋肉ばかりを使って立っている人って、それに慣れてしまっていて、それが普通だと思ってるんですけど、脚が細い人は間違いなく脚が太い人に比べて腹筋、背筋、お尻の筋肉、内ももの筋肉をバランス良く使って立っています。

ファッションモデルさんを見ても、頭のてっぺんからかかとまで一本の線の様に真直ぐな姿勢になっています! 

 

 

足が太いのは遺伝?生まれつき足が太い人必見!なぜ足だけ痩せないのか? まとめ

・脚が太いのは遺伝だからといって諦める必要はない

・脚が太いのは自分の努力次第で、細く出来る

・下半身太りの原因

 むくみ

 脂肪 (皮下脂肪 筋間脂肪 脂肪交雑)

 余計な筋肉

・筋間脂肪と脂肪交雑とむくみにより筋肉太りの錯覚を起こす

・立ち方が悪い事により余計な筋肉が発達してしまう

最後まで読んで頂きありがとうございます!

この記事を読んでいるあなたはきっと、脚やせの為にブログ記事を検索したり、youtube等で動画エクササイズを行っているかと思います。

しかしながら、どれが正解か分からず迷っているのではないでしょうか?

インターネットの情報はあまりにも多く、あっちのブログでは『効果がある』と書かれている事が、こっちのブログでは『効果が無い』と書かれていたり、yotubeのコメントも賛否両論です。

僕自身も、極端な食事制限をして上半身ばかりガリガリになってしまったり、高負荷なスクワットで必要以上に太ももの筋肉を太くしてしまったり、とても回り道をしてきました。
(正解が分からないので、やってみて判断するしかなかったので…)

色々と試行錯誤しながら気づいた事ですが、

下半身だけが太くなる主な原因は、遺伝やスポーツの影響もありますが、
【むくみ】【脂肪】【余計な筋肉】の3点に絞れます。

そしてこの3点は、『生活習慣の改善』『特化したエクササイズ』『効果のあるマッサージ』等を行う事で解消出来るので、誰しもが一定の細さになる事が可能です。

なので、

『子供の頃から遺伝で脚が太いからしょうがない』

『自分の脚は筋肉太りだから細くならない』

こんな悩みを持っているのであれば、是非、脚やせ無料相談にご連絡下さい!

あなたに合った脚やせの仕方をお伝え出来ると思います。