男の脚やせ

【足が太い男性へ】男が太ももを細くする為に絶対外せないポイント!

脚が細い男性の画像
今回は、足が太い男性に向けて、太ももを細くする方法についてお話します。
筋肉で太い足を細くしたい人は是非ご覧下さい!
筋肉や脂肪がつき過ぎた太い足、「なんとかならないの」って思っていませんか?適度な筋肉は必要ですが、男性とはいえ、あまり太いのは嫌ですよね?

特におしゃれを楽しみたいのなら、太い太ももではシャープに見せる事が出来ませんよね。

スキニージーンズを恰好良く着こなそうと考えているなら、ある程度スリムで細い脚でないと決まりません。

そこで今回は、足が太い男性が太ももを細くするポイントについてお話します。

脚やせ専門パーソナルトレーナー yushi プロフィール

 

自らも、長い間太い脚に悩み続けていたが、試行錯誤を繰り返し太もも周りマイナス10cmを達成する。

その後自分と同じ悩みを抱えた方々に『脚が細くなる喜び』を伝えたいと一念発起し、パーソナルトレーナーの資格を取得する。

そして、現在脚やせ専門パーソナルジム『On Leg Line』を立ち上げ、多数のクライアント様の脚やせを指導中。

筋肉質な男性の太い足について

太く筋肉質な太ももは男らしくカッコいいのですが、太すぎると脚が短く見えたてしまったり、ずんぐりむっくりになってしまいます。

学生時代に脚が太くなるスポーツをやっていたり、その後太ってしまい、さらに脂肪がついてしまった男性は太ももの悩みを持っている方が非常に多いです。

足が太い男性の太ももの特徴

太もも前側~外側

太もも前側から外側は大腿四頭筋という大きな筋肉で占められています。

大腿四頭筋は人間が立って歩く為に、とても重要なので、その分太く大きい筋肉になっています。 

大腿四頭筋の中でも、大腿直筋と外側広筋が発達していると、太ももが前側と外側に張り出します

太もも裏側

太もも裏側はハムストリングという大きな筋肉で占められています。

ハムストリングも人間が立って歩く為に、とても重要なので、その分太く大きい筋肉になっています。

ハムストリングの中でも大腿二頭筋、半腱様筋が発達していると太ももが後ろ側に張り出します。 

太もも内側

太もも内側は内転筋という筋肉で占められていますが、この筋肉はあまり大きくありません。

というのも内転筋は脚を内側に振り上げたり、膝を曲げた時に大腿四頭筋をサポートする為の筋肉なので、大腿四頭筋やハムストリングに比べて使われる頻度が少なく、かかる負荷も大きくありません。

そして、使われない筋肉の周りには脂肪が蓄積しやすい傾向があります。

画像の男性も筋肉質な足をしていますが、太もも内側だけは脂肪がつかめそうです。

むくみによって太ももの筋肉が太くなっている可能性も

今まで、激しいスポーツをしていないのに太ももの筋肉が太い人は、むくみによる筋肉太りの錯覚を起こしている可能性があります

どういう事かというと、むくみによって筋肉内の細胞と細胞の間に組織液(血管の外に染み出した血液)が溜まり,筋肉が膨らんでいるのです。

そして、外見的にも筋肉が太くなっている様に見えるので錯覚を起こすのですが、実際には、むくみにより筋肉が水分を含んで膨らんでいるので、筋肉の繊維そのモノが太い訳ではありません

ちなみにむくみの無いキレイなラインの脚は下の画像の様な脚です。

男性がジョギングしている画像

そして引き締まっている感じがするのは筋肉内に余計な水分が無く筋肉が本来の太さである事の表れです。

太ももが太い男性の特徴 まとめ

  • 太もも前側から外側は大腿四頭筋という大きな筋肉で占められている。
  • 太もも裏側はハムストリングという大きな筋肉で占められている
  • 太もも内側は内転筋という筋肉で占められているが、この筋肉はあまり大きくない。(そして脂肪が蓄積しやすい)
  • むくみによって太ももの筋肉が太くなっている錯覚を起こしているかもしれない

足が太い男性の太ももを細くするには

ではどうすれば、足が太い男性の太ももを細く出来るかについてお話しますね。

前もも~外ももに負荷を掛けない

筋肉は大きな負荷が掛かれば太くなりますし、全く使われなければ細くなります。

脂肪燃焼させようと思って一生懸命、足の筋肉に大きな負荷を掛けてしまうと逆に太くなってしまいます。

特に前もも~外もも(大腿四頭筋)と裏もも(ハムストリング)は要注意です。

なので運動をする際には、負荷を軽くして回数を多く行う事をオススメします。

内ももの脂肪を燃焼させる

前もも~外もも(大腿四頭筋)と裏もも(ハムストリング)周りは、脂肪が付いていないのに、内ももには脂肪がたくさんついているという男性はたくさんいると思います。

理由は先程もお話した様に、内もも(内転筋)は脚を内側に振り上げたり、膝を曲げた時に大腿四頭筋をサポートする為の筋肉なので、大腿四頭筋やハムストリングに比べて使われる頻度が少なくかかる負荷も大きくない為、その周りは脂肪が蓄積しやすいからです。

むくみの解消

血液の流れの説明画像

先程もお話しましたが、むくみによって筋肉が太くなっている錯覚を起こしがちなのですが、実際にはむくみにより筋肉が水分を含んで膨らんでいるので、筋肉の繊維そのモノが太い訳ではありません

なので、むくみを解消して筋肉内の余計な水分を腎臓まで持ち上げて体の外へ排泄する必要があります。

足が太い男性の太ももを細くする具体的な方法

足が太い男性の太ももを細くする具体的な方法 

1 ウォーキング

 

ウォーキングはランニングに比べ格段に脚の負荷が軽い運動です。

なので、足の筋肉(大腿四頭筋、ハムストリング)が太くなる心配もありません。

しかし、ウォーキングといってもただ歩くのではなく、内転筋を意識して歩く必要があります。

内転筋を意識して歩くためには、一本線の上を歩く様に、前後の脚が前から見て重なる様に歩きます(いわゆるモデルウォークです)

このウォーキングを行う為には、通常よりも少し内側に着地する必要が有る為、おのずと内転筋を意識する様になります。

そして、もう一つ意識して欲しい事が、『ゆっくり歩く』事です。

理由は、早く歩こうとすると着地する場所がバラバラになってしまい、内転筋に効かす事が出来なくなるからです。

なので、距離では無く、時間で考える必要が有ります。

『一日何Km歩くでは無く、何分歩く』と考えて下さい!(目安としては40分~50分くらいが良いでしょう)

とにかく人よりもゆっくりと歩き、一歩一歩自分の脚が一本線上を着地する様に歩く事を意識すると良いでしょう。

2 サイクリング

 

自転車も内ももの脂肪を燃焼させるには非常に効果的です。

ただしこれもコツがあります。

自転車の場合は、ギアを重くしてしまうと負荷が大きくなり、筋肉が太くなってしまいます。太ももを細くしたいのであれば、ギアは軽くして、サドルを低くする事がコツになります。

サドルを低くする理由は、膝を深く曲げた状態でペダルを漕ぐ事で内転筋に効かせる為です。

サドルを高くしてしまうと、膝が深く曲がらない状態でペダルを漕ぐので、大腿四頭筋とハムストリングに負荷が掛かってしまいます、しかしサドルを低くして膝を深く曲げた状態にすると、大腿四頭筋とハムストリングにあまり力を入れられない為、内転筋の力でペダルを漕ごうとします

ちょっとガニ股な感じにはなりますが、太もも内側の脂肪燃焼効果は高いです。

3  プール

プールに通う事もオススメです。水の中では浮力が掛かる為、足に掛かる負荷が軽くなり、陸上では出来ない動きが出来るからです。

例えば、水中ウォーキングでは、脚を伸ばしたまま、真直ぐに腰の高さまで上げて、ゆっくりと大股で歩く事が出来ます。

陸上では、重力が掛かる為、重くてそんな事は出来ません。

しかし水中では、浮力を使って難なく行う事が出来ます。

内転筋に効かせて太もも内側の脂肪燃焼をさせる為には、大腿四頭筋とハムストリングに頼らない事と股関節や膝関節を深く曲げる事が重要なのですが、陸上では重力のせいで脚を前後に動かす単調な動きしか出来ない為、大腿四頭筋とハムストリングばかりに頼ってしまいがちです。しかし水の中では様々な姿勢で色々な動きが出来るので、股関節や膝関節を深く曲げた状態で行う事が可能です。

また、陸上を歩くのと水上を歩くのでは、消費カロリーにも大きな違いが出ます。

ちなみに、プールではウォーキング以外でも平泳ぎと背泳ぎがオススメです。

理由は、平泳ぎはカエル脚になるので、股関節と膝関節を深く曲げて行うので、内転筋を最も使います。

また、背泳ぎも脚を大きく上下させる事で、お尻から太ももの全ての筋肉をまんべんなく使う事が出来ます。

ちなみに、クロールはあまりオススメしていません、理由としては、バタ足では大腿四頭筋とハムストリングばかりが使われる為、疲れる割に内転筋にあまり効かせられないからです。

なので、プールでは、水中ウォーキング、平泳ぎ、背泳ぎの時間に分けて行う事をオススメします。

#プールでは、ウォーキングコースと泳ぐコースが分けられているので、空いている方を優先して行うと混雑していても快適に運動を行う事が出来ます。

 

4 脚やせエクササイズ

バランスボールスクワット

太ももの筋肉を太くしないで、内転筋を使って太もも内側の脂肪燃焼させる為にバランスボールを使います。

理由は、バランスボールを使う事で太ももの前側と外側の筋肉の負荷を軽く出来る事と膝の負担を軽く出来る事です。

また、バランスボールを使う事で膝を深く曲げた状態でスクワットを行えるので、通常のスクワットよりも内転筋を効果的に使う事が出来ます。

通常のスクワットでは50回も行えば、太もも前側、外側、裏側の筋肉(大腿四頭筋、ハムストリング)がパンパンに張ってしまいますが、バランスボールを使えば、100回行っても、あまり張りません。

また、通常のスクワットは膝関節への負担が大きい為、どんなに正しいフォームで行ったとしても、毎日続けていると膝関節に疲労が溜まり、無理をすると炎症を起こしかねません。

10代や20代の方であれば回復が早いのですが、30代以上の方は回復する前に疲労が蓄積していくので、オススメしていません。太ももやせを成功させる最も大事な事は、ケガをせずに毎日無理なく続ける事です。

 

スタンディングキックアップ

スタンディングキックアップは立った状態で胸に手を当てて、脚を内側に振り上げるだけの簡単なエクササイズです。

しかし、簡単な割に内転筋に効かせる事が出来る為、脂肪燃焼効果絶大です。

ウォーキングやランニングは脚を前後に動かす運動なので、太ももの前側、外側、後ろ側の筋肉は使われるのですが、内側の筋肉があまり使われていません

しかしスタンディングキックアップは太ももの内側の内転筋をとても使うエクササイズなので、太もも内側の脂肪燃焼効果はウォーキングやランニングに比べて効果絶大です。

テレビやyoutubeを見ながら、部屋の中でパパっと行う事が出来ます。

 

5 脚やせマッサージ

ストレッチポールで外ももをマッサージしている画像

両脚を揃えて伸ばし、ストレッチポールの上に太もも外側を乗せます

その状態で、乗せた太もも外側を圧迫する様にして、ストレッチポールを前後に転がします

マッサージ時間は30秒以上行って下さい

終わったら反対の脚を行います

 

6 足の筋肉が細くなる立ち方を身に付ける

            
画像は、左が足の筋肉が太くなる立ち方で、右が足の筋肉が細くなる立ち方です。
            
軸を比べてみると、足の筋肉が太くなる立ち方は、かかとに対して脚の付け根が前に出っ張っていて逆に肩は後ろに下がっているのに対して、足の筋肉が細くなる立ち方は、かかと、脚の付け根、肩が一直線になっています。
ではなぜ、この立ち方の違いが足の太さに関わるかというと、左の画像の立ち方のほうが右の画像の立ち方に比べて、前もも~外もも(大腿四頭筋)に大きな負荷が掛かっているからです。
繰り返しになりますが、筋肉は負荷が掛かればその負荷に耐えうる太さになります、逆に使われなければ細くなります。

足が太い男性が太ももを細くする為に食事制限は必要?

ここまでは内ももの脂肪燃焼についてお話してきましたが、少し話を変えて足が太い男性が足を細くする為に食事制限は必要なのか?について、自分の経験を交えてお話したいと思います。

世の中的には、足を細くするには食事制限は重要で、特に糖質・炭水化物を減らす低糖質ダイエットが良いとされています。

しかし、こんな声もたくさん聞かれます。

『食事制限をしても、上半身ばかり細くなってしまい脚は全然細くならない!』

『頑張って体重マイナス10kg落として、上半身はアバラ骨が見えるくらい痩せたのに、太ももは全然変わらない!』

僕自身も以前、食事制限で体重を65kgから58kgまで落とした事があるのですが、その時は上半身ばかり細くなって、脚は全く細くなりませんでした。

少し個人的な意見になりますが、体脂肪率が高い男性(体脂肪率20%以上)は、食事制限を行う事で全体的に痩せていき、結果として脚の脂肪も減っていくのですが、体脂肪率が標準以下の男性(体脂肪率15%以下)は、食事制限を行っても全体的ではなく、上半身ばかりが痩せていく傾向があると思います。

一生懸命頑張って食事制限をしても、上半身ばかりが細くなって、脚が細くならないのでは報われませんよね?

なので、体脂肪率が標準以下の男性には食事制限はオススメしません。

 

足が太い男性が太ももを細くする為にメンズエステに通う必要はある?

 

足を細くする為に、メンズエステに通ってダイエットするという方法もあります。

巷でも、男性専用の痩身エステがあり、プロに任せれば間違いないと思うかもしれません。

そこで、メンズエステに関しても自分の経験を交えてお話したいと思います。

僕自身も以前、メンズエステに通ってダイエットした事があります。

というのも、自己流の食事制限ダイエットで成果が出なかったので、今度はプロにお願いしようと考えたからです。

3ヶ月しっかりと通い、スタッフの方のアドバイスも実践して、体重マイナス9kg落とす事が出来ました。

しかし結果は、自己流の食事制限ダイエットの時と似たような感じで、上半身ばかりが細くなり、脚にあまり変化はありませんでした。

少し個人的な意見になりますが、メンズエステに関しても、先程お話した『体脂肪率が高い男性(体脂肪率20%以上)は、全体的に痩せていき、結果として脚の脂肪も減っていくのですが、体脂肪率が標準以下の男性(体脂肪率15%以下)は、全体的ではなく、上半身ばかりが痩せていく傾向がある』が当てはまるのではないかと思います。

 

【足が太い男性へ】男が太ももを細くする為に絶対外せないポイント! まとめ

・太もも前側から外側は大腿四頭筋という大きな筋肉で占められている。

・太もも裏側はハムストリングという大きな筋肉で占められている

・太もも内側は内転筋という筋肉で占められているが、この筋肉はあまり大きくない。(そして脂肪が蓄積しやすい)

・むくみによって足の筋肉が太くなる錯覚を起こす

・足が太い男性の太ももを細くするには

  運動の際に前もも~外ももに負荷を掛けない

  内ももの脂肪を燃焼させる

  むくみを解消する

・太もも内側の脂肪を燃焼させる為の具体的な運動

  1 ウォーキング

  2 サイクリング

  3 プール

  4 脚やせエクササイズ 

    バランスボールスクワット 

    スタンディングキックアップ

5 脚やせ マッサージ

6 足の筋肉が細くなる立ち方を身に付ける

・食事制限は、体脂肪率が標準以下の男性にはオススメしない

・メンズエステは体脂肪率が標準以下の男性にはオススメしない

今すぐあなたの脚を細くするには…

この記事を読んでいるあなたは、ブログを検索したり、youtubeで動画エクササイズを行っているかと思います。

しかし、あなたの脚は思ったように細くならず、どれが正解か迷っていませんか

インターネットの情報はあまりにも多く、あっちのブログでは『効果がある』と書かれている事が、こっちのブログでは『効果が無い』と書かれていたり、yotubeのコメントも賛否両論です。

ちなみに、以前の僕も脚だけが太い事を悩んでいました。

ダイエット前の画像

そして、極端な食事制限をして上半身ばかりガリガリになってしまったり、高負荷なスクワットで必要以上に太ももの筋肉を太くしてしまったり、とても回り道をしてきました。
(正解が分からないので、やってみて判断するしかなかったので…)

痩せていた時の画像

色々と試行錯誤してみて分かった事ですが、

下半身だけが太くなる原因は、遺伝やスポーツの影響もありますが、
余計な筋肉】【むくみ】【脂肪】の3点に絞れます。

太ももが太い3人の女性の画像

そしてこの3点は、『生活習慣の見直し』『特化したエクササイズ』『効果のあるマッサージ』を行う事で改善出来るので、どんな人でも必ず脚を細くすることが出来ます。

On Leg Lineは脚やせに特化した専門プログラムです。

その為、過度な食事制限やハードな筋トレも行いません!

憧れのスキニーパンツがはける様になった!

自分の脚がこんなに細くなるなんてウソみたい!

筋肉脚だから諦めていたのに、ホントうれしい!

こんな喜びの声をたくさん頂いています。

今から始めれば、数ヶ月後にはあなたの脚は格段に細くなっています。

ご興味がある方は、是非ご連絡下さい!

お申込みはコチラ↓↓↓