脚やせ生活習慣

洋梨体型を変えたい!これさえ分かれば必ず痩せる4つのコツ

こんなお悩みありませんか?

洋梨体型を変えたい!

スキニーパンツが似合う様になりたい!

しかし、やみくもにダイエットを行っても効果は低いです

なぜなら、下半身ダイエットを成功させるには、自分の体型と下半身ダイエットを成功させるコツを理解していないといけないからです。

そこで、今回は洋梨体型の人の特徴や、洋梨体型の人が下半身ダイエットを成功させる4つのコツについてご紹介します。

脚やせ専門パーソナルトレーナー yushi プロフィール

 

脚が細くなった自分の画像

自らも、長い間太い脚に悩み続けていたが、試行錯誤を繰り返し太もも周りマイナス10cmを達成する。

その後自分と同じ悩みを抱えた方々に『脚が細くなる喜び』を伝えたいと一念発起し、パーソナルトレーナーの資格を取得する。

そして、現在脚やせ専門パーソナルジム『On Leg Line』を立ち上げ、多数のクライアント様の脚やせを指導中

 

『下半身が痩せない!』洋梨体型の特徴について

女性に多いとされる洋梨体型は、コツを押さえなければ下半身ダイエットの効果が得られにくいです。

洋梨体型とは?

洋梨体型とは、上半身は細いのに下半身が(横に)太っていて、洋梨のように見える体型の事です。
男性に比べて女性の方が多い体型と言われています

洋梨体型の人の特徴

洋梨体型の人は(下っ腹、腰回りやヒップ、太もも周り)下半身が太りやすく、痩せづらい特徴があります。

見た目の印象は下半身が横に広いので、下半身のラインが『ピタッ』とした格好は苦手な傾向があります。

スキニー等の細身のパンツを試着すると、ウエストはゆるいのに、お尻、太ももがパツパツなパターンになりがちです。

洋梨体型になってしまう原因

下半身の血流が悪いから

(人にもよりますが)洋梨体型の人は下半身の血流が悪く、冷え性の傾向が強いです。

そして、上半身に比べて下半身の血流が悪くなってしまう原因ですが、

血液の流れの説明画像

血液は血管の中を心臓のポンプの力で押されながら流れています

よって、心臓の近くではポンプの力が強く働きますが、心臓から遠くなるほどポンプの力は弱まります

そして、足は体の中で一番心臓から遠い部分なので必然的にポンプの力は弱まります

そこに、重力が加わり血液が心臓に戻ろうとする流れを上から抑えようとします

結果、下半身の血流が悪くなり足が冷えやすくなります

そして、下半身は、上半身に比べて血流が悪く冷えやすいのですが、それでも冷え性の人とそうでない人がいるのは事実です。

そして冷え性の人はそうではない人と比べて、遺伝的に冷えやすい可能性があります

詳しくはこちらをご覧下さい!

下半身の血流が悪い事でむくみと脂肪太りを引き起こす

下半身の血流が悪いと、余計な水分が溜まってしまい下半身がむくみます

そして、むくみにより余計な水分に含まれる脂肪や老廃物までもが下半身に溜まってしまい、脂肪太りも引き起こします

なので、洋梨体型の人はむくみと脂肪太りを併発している可能性が高いです。

洋梨体型の人がやるべきではない事

焼いた野菜の画像

食事制限だけで痩せるべきではない

脂肪には、胃腸などの内臓の周りに付く内臓脂肪と皮膚と筋肉の間に付く皮下脂肪の2種類があります。

内臓脂肪は増えやすい反面、食事制限をして摂取カロリーを落とせば比較的簡単に減らす事が出来ます

逆に、皮下脂肪は増えにくい反面、一度増えてしまうと食事制限だけでは減らしづらいです

そして、洋梨体型で悩んでいる人は下半身の皮下脂肪を落としたいはずです。

なので、食事制限だけでなく有酸素運動も行わないといけません

また、食事制限により摂取エネルギーが減ると、体は足りないエネルギーを体内の脂肪と筋肉を分解(カタボリック)してエネルギーを作りだします。

そうすると、上半身の脂肪だけでなく筋肉まで分解されてしまい、上半身がガリガリにやせ細ってしまいます

塩分を摂り過ぎるべきではない

体の中では、体液の塩分(ナトリウム)の濃度を一定にしようとする恒常性があります。

よって、塩分の多いモノを食べれば、塩分を薄めようとして、水分をため込んで濃度を一定にしようとします

糖質も摂り過ぎるべきではない

糖質を摂り過ぎると消費されずに余った分はその3~4倍の水分と結びつきます。

そして、糖質と結びついた水分は筋肉と脂肪に蓄えられるのでむくみます。

洋梨体型の人が下半身ダイエットを成功させるコツ

脚がキレイな女性の画像

カリウムを摂取する

カリウムには汗や尿としてナトリウムを排出する働きがあるので、結果としてむくみを解消する効果があります。

そして、カリウムが多く含まれる食材が「肉、魚、芋、野菜、果物」です。

なので、肉や魚、果物、野菜をしっかりと食べ、炭水化物も芋類から積極的に摂取すべきです。

ジョギングとウォーキングを交互に行う

女性がジョギングしている画像

ジョギングは消費カロリーの高い有酸素運動なので脂肪燃焼効果が高いです。

また、下半身の筋肉全体を使うのでむくみ解消効果も高いです。

ですが、ジョギングをすると多少ですが、脚の筋肉は太くなります

なので、僕は『ジョギングとウォーキングを交互に行う』事をオススメします。

やり方ですが、まずは、いきなり走り出さないでウォーキングを行います(時間の目安なら1分、距離の目安なら100m)

体が慣れてきたら、ジョギングに切り替えます。

歩幅は小さく取り、ピッチ走法で筋肉に負荷がかからないように走ります。

スピードもあまり早くする必要はないので、ウォーキングの倍くらいのスピードで行います、

ただしあまり遅すぎると疲れるし、膝関節への負担もかかるので、トントントントンとテンポ良く走ります。

そして、時間の目安なら1分、距離の目安なら200m くらい走ったら再びウォーキングに切り替えます。

バランスボールスクワット

下半身の脂肪を燃焼するには、スクワットが効果的ですが、自重100%のスクワットを行うと負荷が大きすぎる為、前もも~外ももの筋肉が発達してしまいます

なので、負荷を軽くして筋肉が太くならない様に工夫する必要があります

そこでオススメなのが、バランスボールです。

バランスボールに座ってスクワットしている画像

バランスボールに座る事で、前もも~外ももの筋肉に掛かる負荷をかなり軽く出来ます。

負荷が軽くなって、減った消費カロリー分は回数を増やす事で補います。

ストレッチポールマッサージ

下半身全体のむくみを解消するには、マッサージが効果的です。

下半身に溜まった余計な水分を脚先から心臓に向けて、ゆっくりと圧を掛けながら押し上げていきます

ただし、ハンドマッサージでは、圧が弱く表面ばかりになってしまうので、効果が上がりません

そこでオススメなのが、ストレッチポールです。

ストレッチポールで前ももをマッサージしている画像

ストレッチポールを使う事で、自分の体重を掛けてマッサージが出来る為、表面だけでなく、筋肉の奥まで圧を掛けられます。

洋梨体型を変えたい!これさえ分かれば必ず痩せる4つのコツ まとめ

・洋梨体型とは、上半身は細いのに下半身が(横に)太っていて、洋梨のように見える体型

洋梨体型の人は(下っ腹、腰回りやヒップ、太もも周り)下半身が太りやすく、痩せづらい特徴がある

・洋梨体型になってしまう原因

 下半身の血流が悪い為、むくみと脂肪太りを引き起こしてしまう

・洋梨体型の人がやるべきでない事

 食事制限だけで痩せる 

 塩分の摂り過ぎ

 糖質の摂り過ぎ

・洋梨体型の人が下半身ダイエットを成功させるコツ

 カリウムを摂取する

 ジョギングとウォーキングを交互に行う

 バランスボールスクワットを行う

 ストレッチポールマッサージを行う

今すぐあなたの脚を細くするには…

この記事を読んでいるあなたは、ブログを検索したり、youtubeで動画エクササイズを行っているかと思います。

しかし、あなたの脚は思ったように細くならず、どれが正解か迷っていませんか

インターネットの情報はあまりにも多く、あっちのブログでは『効果がある』と書かれている事が、こっちのブログでは『効果が無い』と書かれていたり、yotubeのコメントも賛否両論です。

ちなみに、以前の僕も脚だけが太い事を悩んでいました。

ダイエット前の画像

そして、極端な食事制限をして上半身ばかりガリガリになってしまったり、高負荷なスクワットで必要以上に太ももの筋肉を太くしてしまったり、とても回り道をしてきました。
(正解が分からないので、やってみて判断するしかなかったので…)

痩せていた時の画像

色々と試行錯誤してみて分かった事ですが、

下半身だけが太くなる原因は、遺伝やスポーツの影響もありますが、
余計な筋肉】【むくみ】【脂肪】の3点に絞れます。

太ももが太い3人の女性の画像

そしてこの3点は、『生活習慣の見直し』『特化したエクササイズ』『効果のあるマッサージ』を行う事で改善出来るので、どんな人でも必ず脚を細くすることが出来ます。

On Leg Lineは脚やせに特化した専門プログラムです。

その為、過度な食事制限やハードな筋トレも行いません!

憧れのスキニーパンツがはける様になった!

自分の脚がこんなに細くなるなんてウソみたい!

筋肉脚だから諦めていたのに、ホントうれしい!

こんな喜びの声をたくさん頂いています。

今から始めれば、数ヶ月後にはあなたの脚は格段に細くなっています。

ご興味がある方は、是非ご連絡下さい!

お申込みはコチラ↓↓↓