男の脚やせ

筋肉質な男性が脚を細くする為にやるべきでは無い3つの事!

 

今回は、筋肉質な男性が脚を細くする為にやるべきでは無い3つの事についてお話します。

 

こんなお悩みありませんか?

『毎日10km走っているのに全然細くならない!』

『一生懸命スクワットしたら、逆に太くなった!』

『食事制限で体重は落ちたけど、上半身ばかり細くなった!』

ちまたで、筋肉質な男性の脚が細くなると言われているそのやり方、ひょっとしたら、間違っているかもしれません。

脚やせ専門パーソナルトレーナー yushiプロフィール
脚やせ専門パーソナルトレーナー yushi プロフィール

自らも、長い間太い脚に悩み続けていたが、試行錯誤を繰り返し太もも周りマイナス10cmを達成する。

その後自分と同じ悩みを抱えた方々に『脚が細くなる喜び』を伝えたいと一念発起し、パーソナルトレーナーの資格を取得する。

そして、現在脚やせ専門パーソナルジム『On Leg Line』を立ち上げ、多数のクライアント様の脚やせを指導中。

 

 

筋肉質な男性が脚を細くする為に知っておくべき事

男性は女性に比べて、筋肉が多く脂肪が少ない傾向があります。
男性の平均的な体脂肪率(全体重に占める脂肪の割合を表した数値)が15%~18%くらいなのに対し女性の平均的な体脂肪率は25%~28%です。
なので男女の平均的な体脂肪率の差は10%と言う事になります。

 

よって女性の場合は、多少筋肉が太くなってもそれ以上に脂肪を落とせば、太ももを細くする事が出来ますが、男性は(体脂肪15%位の場合)あまり太ももに脂肪が無いので頑張って運動をしても、筋肉が太くなる割にあまり脂肪が減らず、太ももが細くならない傾向があります。

筋肉質な脚の男性は太もも外側と裏側の筋肉に負荷を掛けるべきでは無い

 

男性は(体脂肪率15%位の場合)女性に比べて、太ももの外側と裏側にあまり脂肪がない傾向があります。
(太もも外側は大腿四頭筋、裏側はハムストリングという大きな筋肉で占められています)
なので、太もも外側と裏側の筋肉に運動で負荷を掛けた所で、その部分の脂肪燃焼は見込めません
逆に負荷を掛け続ける事で、筋肉を太くしてしまう可能性があります

筋肉質な男性が脚を細くする為にやるべき無い3つの事!

①ランニング

ランニングは着地の際に体を支える、そこから後ろに蹴りだす際に体を前に運ぶ為、太もも前側の筋肉(大腿四頭筋)と裏側の筋肉(ハムストリング)に負荷が掛かります。
1日1~2km位の短い距離であれば太くなりませんが、10km以上の距離になると着地~後ろに蹴りだす動作を何千回と繰り返す為、筋肉に負荷が掛かり続け、結果ランニングを行わないよりも筋肉が太くなります。

②スクワット

スクワットも同じことが言えます。
しゃがんだ際に体を支える、そこから膝を伸ばすに際に上半身を上に運ぶ為、大腿四頭筋とハムストリングに大きな負荷が掛かります。
バランスボールに座り負荷を軽くして行えば筋肉は太くなりませんが、自重スクワットでも十分筋肉に負荷が掛かるので、継続すればスクワットを行わないよりも筋肉が太くなります。

過度な食事制限

 

過度な食事制限もするべきではありません。

理由は上半身ばかり細くなり太ももはあまり細くならない傾向があります。

確かに食事制限をする事で、摂取カロリー<消費カロリーの状態になります、そうすると体の中では足りないエネルギーを補うために脂肪を分解するのですが、それと同時にタンパク質も分解してしまします。(タンパク質を分解してエネルギー(糖)を合成する作用を糖新生と呼びます)

そして、タンパク質を分解した結果、筋肉が細くなってしまいます。

そしてそれが脚の筋肉というよりも、上半身の筋肉が細くなる傾向があります。

実際にこんな声が上がっています。

『食事制限と ジョギングをほぼ毎日かかさずやってるんですけど 上半身ばっかり痩せてしまいました。』

『食事制限でダイエットしたところ、上半身ガリガリで下半身とのバランスが悪くなってしまいました。』

また、過度の食事制限は摂食障害や体調不良を起こし兼ねません。

実際にこんな声が上がっています。

『食事制限のし過ぎで 摂食障害になりました。 食べたあとの罪悪感と太ることの恐怖があります。』

『摂食障害になりそうです。 食事制限をしてダイエットをしていました。1日800kcalほどしか取っていませんでした。 しかし食欲が爆発し爆食が止まりません。自分で食事のコントロールができなくなっています。』

筋肉質な男性が脚を細くする為にやるべきでは無い3つの事! まとめ

男性は女性に比べて、筋肉が多く脂肪が少ない傾向がある
男性は(体脂肪15%位の場合)あまり太ももに脂肪が無いので頑張って運動をしても、筋肉が太くなる割にあまり脂肪が減らず、太ももが細くならない傾向がある
男性は(体脂肪15%位の場合)女性に比べて、太ももの外側と裏側にあまり脂肪がない傾向がある,その為太もも外側と裏側の筋肉に運動で負荷を掛けた所で、その部分の脂肪燃焼は見込めない。逆に負荷を掛け続ける事で、筋肉を太くしてしまう可能性がある
太ももを細くしたい男性がするべきでは無い3つの事
①ランニング
ランニングは着地の際に体を支える、そこから後ろに蹴りだす際に体を前に運ぶ為、大腿四頭筋とハムストリングに負荷が掛かかる。継続すると、筋肉に負荷が掛かり続け、結果ランニングを行わないよりも筋肉が太くなる
②スクワット
しゃがんだ際に体を支える、そこから膝を伸ばすに際に上半身を上に運ぶ為、大腿四頭筋とハムストリングに大きな負荷が掛かかる。自重スクワットでも十分筋肉に負荷が掛かるので、継続すればスクワットを行わないよりも筋肉が太くなる
③過度な食事制限
過度な食事制限は上半身ばかり細くなり太ももはあまり細くならない傾向があり、摂食障害や体調不良を起こし兼ねない
最後まで読んで頂きありがとうございます!

この記事を読んでいるあなたはきっと、脚やせの為にブログ記事を検索したり、youtube等で動画エクササイズを行っているかと思います。

しかしながら、どれが正解か分からず迷っているのではないでしょうか?

インターネットの情報はあまりにも多く、あっちのブログでは『効果がある』と書かれている事が、こっちのブログでは『効果が無い』と書かれていたり、yotubeのコメントも賛否両論です。

僕自身も、極端な食事制限をして上半身ばかりガリガリになってしまったり、高負荷なスクワットで必要以上に太ももの筋肉を太くしてしまったり、とても回り道をしてきました。
(正解が分からないので、やってみて判断するしかなかったので…)

色々と試行錯誤しながら気づいた事ですが、

下半身だけが太くなる主な原因は、遺伝やスポーツの影響もありますが、
【むくみ】【脂肪】【余計な筋肉】の3点に絞れます。

そしてこの3点は、『生活習慣の改善』『特化したエクササイズ』『効果のあるマッサージ』等を行う事で解消出来るので、誰しもが一定の細さになる事が可能です。

なので、

『子供の頃から遺伝で脚が太いからしょうがない』

『自分の脚は筋肉太りだから細くならない』

こんな悩みを持っているのであれば、是非、脚やせ無料相談にご連絡下さい!

あなたに合った脚やせの仕方をお伝え出来ると思います。